Shade3D 公式

作りかけやテスト作品投稿スレッド


#65

ありがとうございます!
とても励みになります。

じっくり作り込みたいので、進捗はゆっくりになると思いますが
最後までやり切れるよう頑張ります。


#66

石膏フルカラーという、色付きで造形できる3Dプリントを試したくて、
オリジナルフィギュア作りを始めましたので、途中経過を紹介させてください。

オリジナルですので、自分の好みのデザインをノートに落書きするところからスタートしています。
これをスマホで撮って、PCに取り込みます。
最初の時点では最低限のイメージしかないため、アイデアが浮かんだら都度描きたしています。

Shade3Dにテンプレートとして取り込みます。
モデリングは「ポリゴンの立方体」に「OpenSubdiv」を適用したものを基本に、テンプレートに沿って形を整えています。
キャラクター物では丸みの調整がとりやすくシワができにくい、ポリゴン&OpenSubdivの組み合わせを重宝しています。

私の場合、ディテールを詰めるよりも先に、各パーツを揃える工程をとっています。
パーツがそろってから、各部の大きさを調整したり細かい部分を作り込んでいます。
特に顔は目のテクスチャや髪の毛が付くと印象が大きく変わるので、早めにつけるようにしています。

下書きでは2頭身に近かったのですが、3D化すると不自然に感じたため、徐々に頭身を上げていきました。
なお、髪の毛や服(の裾)など、全て厚みをもった塊になるようモデリングしています。
3Dプリント、とくに石膏では厚みが無いとプリントができないためです。

最終的にこんなモデルに落ち着きました。
石膏プリントでは全ての色はテクスチャで表現することになっているようなので、
ちょっと大変でしたがテクスチャを全部作成しました。

かなり自己流なので参考にならないかもしれませんが、UV展開図です。
(左上から時計回りに、顔、インナーワンピース、スカートのひらひら、服)
基本的に手書きで、タブレットで描いています。服の裾など一部は写真を加工して上からかぶせています。


#67

衣装がとてもかわいらしいですね。
ちょうどよいデフォルメ感が、とても愛らしいです。
最初の写真は、3D出力したものなのか、レンダリングのままなのか どっちなのでしょう?


#68

お褒めくださりありがとうございます。
デフォルメ具合をどうするか試行錯誤中で、顔の大きさなど微妙な調整を続けています。
衣服は自分のイメージだけだとワンパターンになってしまいがちなので、服屋さんに行ったときに女性用のも脇見しながらアイデア収集しています。

冒頭のイメージはレンダリングしたものになります。
完成イメージに近くなるよう、大域照明を使ってリアル寄りの陰影になるようにしています。
実際に3Dプリント品が出来上がるのは6月になりそうです。出来上がったらまた紹介させてください。