Shade3D 公式

テンプレートに関する件


#1

お世話になっております。Shade 3D Standard ver.16.1.0(64ビット)のことでご質問が
あります。
テンプレートの透視図に透視図や写真をしようしてモデリングができますか?

テンプレートを使用してモデリングする時は
https://shade3d.jp/training/imodela/1/1.html
のページを参考にするとに正面図と右面図の2面の平面図は必要のようです。
これを応用して、透視図が1枚しかないような時は、モデリングはできないものかと素人的に
思いました。
自分なりに試行錯誤していますと、
X、Y、Z軸となる基準がうまくさだまらないです。

例えば
1.説明用に透視図をレンダリングして画像ファイルを作成します。

2.テンプレート設定で作成した画像ファイルを取り込みます。

3.方眼紙とXZ面の目盛りをうまくあわせるには・・・。


#2

わたくしの方法でもある程度追い込めますが、結構複雑な工程が必要です。
(考え方はシンプルなのですが…。)
透視図をグローバルではなくスクリーンにして、テンプレートの方眼を描きます。
(閉じた線形状)
その線形状を選択した状態で上面図でローカル座標にします。
その線形状の各辺を延長して交差した各点を結んだ線が
(グローバル座標に戻したときの)水平線(カメラの視点の高さ)になります。

後はローカル座標やマニピュレータ(スクリーン・法線など)を駆使して
追い込んでゆくことになります。
(以下の作業はかなり長文になるので、割愛します。)


#3

ご回答ありがとうございます。
スクリーンですね。そういう機能があるのですね。勉強します。
複雑のな工程ということなので、素直に平面、正面、右面の写真を撮ったほうが
よさそうですね:sweat_smile:


#4

モデリング対象が多角度(2ないし3以上)から撮影できるのでしたら、
フォトモデラーという機能を使用するという選択肢もあります。
詳細はShadeHelpを参照してください。


#5

情報ありがとうございます。週末に挑戦してみます。


#6

sample180718_01.shd (76.7 KB)

最初のレスに添付した画像を作成したShadeファイルを添付しました。
お時間があるときに構造解析して見て下さい。


#7

ありがとうございます。