Shade3D 公式

作業画面の分割表示をショートカット登録

タグ: #<Tag:0x00007f85d6cbb408>

図形ウインドウ左上にあるメニューでは、「正面図」「上面図」などの表示切替ができます。
このメニューはショートカットに割り当ては可能でしょうか?
ショートカット登録ウインドウから一通り見たのですが、見つけられませんでした。
ご存知の方がいましたら教えてください。

添付図のように、作業画面を2分割して、必要に応じて表示を切り替える作業環境を試しています。
オリジナルのウインドウレイアウトとして登録し、ショートカットで切替できることは分かったのですが、その場合、ウインドウレイアウトに連動して、表示してほしい(してほしくない)別のウインドウ(カメラやレンダリングなど)も影響を受けます。
都度、余分なウインドウを表示/非表示切り替えも煩わしいと感じたため、上記の質問をしました。

# ここから
# @title \en Switch camera type of active view in sequence \enden
# @title \ja アクティブビューのカメラタイプを順番に切り替える \endja
# ローカライズ対応(言語に応じた名称でスクリプトメニューに表示)
# index
# 1	左上ビュー	3	右上ビュー
# 2	左下ビュー	0	右下ビュー
# type
# 0	右面図
# 1	上面図
# 2	正面図
# 3	透視図
# 4	底面図
# 5	左面図
# 6	背面図
# 7	UV図
# 8	オブジェクトカメラ
# 9	メタカメラ
display = xshade.scene().display
index = display.current_viewpane # 現在のビューのインデックス
type = display.get_camera_type(index) # カメラタイプを取得
type = (type + 1) % 10 # 次のカメラタイプ
display.set_camera_type(index, type) # カメラタイプを設定
# ここまで

どうやら図形ウインドウの左上のメニューはショートカットに登録できないようです。

図形ウインドウのカメラタイプはスクリプトで制御することはできるので
例えば、上記のようなスクリプトを
~/Documents/Shade3D/Shade3D バージョン/Scripts フォルダに保存して
登録したスクリプト(アクティブビューのカメラタイプを順番に切り替える)を
ショートカットに登録して呼び出すことで対応は可能なようです。

ありがとうございます!

下記のように書き換えることで、やりたかったことができるようになりました。
正面図/上面図/右面図のスクリプトをそれぞれショートカットに割り当てて使ってみます。

本トピックの発端として、モデリング時の作業画面分割は、他ソフト含めてどういう構成が多いかアンケートを取りました。結果、透視図のみでモデリングしている人が多いことが分かりました。また、2分割派の人も一定数いました。
特に、他ソフトでは透視図のみ(または二分割)でモデリングしている人が多いようです。

私はShadeを始めたときから4分割表示だったため、疑問に思ったことも無かったのですが、試しにまずは二分割表示にしたら作業性が良くなるのかなと思い、試行中です。

途中経過として、意外と悪くないです。
また、今までマニピュレータの使い道をいまいち納得できていなかったのですが、透視図で頂点を移動する際には直感的に編集できて良い使い心地だと認識しました。