Shade3D 公式

カッターナイフとその仲間たち

ペーパークラフトでも始められそうな雰囲気で。

13 Likes

建物の場合、自分で設計している為寸法がはっきりしているのですが、このような工業製品やフィギュアを作れる方はすごいと思います。
また、作成していると不自然な影が出ることが多く、ポリゴンを切り刻んで調整はしていますが、気にしていると時間が掛かるので妥協しながら作成している為、このようなリアルな作品を出来る方は尊敬します。

不自然な影等がなくリアルな画像ですが、作成するにあたっての工夫、苦労等がありましたら教えて頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。

ckpreview
leonさん、コメントありがとうございます。

leonさんはラジオシティでレンダリングされていると思いますが、この絵の場合形状は、ほぼ自由曲面(掃引体、回転体を含む)で、レンダリングはパストレーシングで行っています。それも今回はイラディアンスキャッシュ無し、レイトレーシングの画質を上げることでノイズを押さえています。

ということなので不正な影は出ないわけですが、時間はかなりかかりますし、閉鎖空間には向かない方法だと思いますので内観などには使いづらいかと思います。

「めんどくさいことはすべて(レンダリングの)時間と(PCの)がんばりで解決しよう」っていう作戦です(笑)。

Kishidaさん、ありがとうございます。
ラジオシティを使わずにリアルに出来るとは目から鱗でした。

常にラジオシティを使用しているので、パストレーシングも試して見ようと思います。
ありがとうございました。